猫がお腹が痛い時の仕草は?病気や対処法はどうすればいい?

成猫
スポンサーリンク

いつもは元気な猫が、うずくまって静かにしていたら、ちょっと心配になりますよね。
体を丸めた姿を見ると、「お腹が痛いのかな?」と感じますが、実際には、猫がお腹を痛がっている時の仕草はどんなものがあるのでしょうか?
考えられる病気や、対処法についても調べてみました。

大人の猫の健康に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫がお腹が痛い時の仕草は?

猫がお腹を痛がっている時の仕草には、以下のようなものがあるので、参考にしてみてください。

・部屋の隅や家具の陰などに隠れて、じっとうずくまっている
お腹が痛い時に限ったことではありませんが、猫は、本能的に自分が弱っていることを知られないようにするので、物陰に隠れることが多いです。

・前足を前に出して、頭やお腹を床にピッタリとつけて座る
いわゆる「ごめん寝」のような形に似ています。
普段から、そのように寝ている場合には判断しづらいと思いますが、いつもと違った寝方の場合には、具合が悪いのかもしれません。

・目が閉じ気味になっていたり、反対に、目を見開いている
特に、眠そうな様子じゃないのに目を閉じている時間が長い場合には、痛みに耐えている可能性も考えられます。
また、目を見開いている時にも、痛みが原因でしょう。

・耳が後ろを向いている
警戒した時や、機嫌が悪い時によく見られる「イカ耳」ですが、痛みがある場合でもなるそうです。

・なでたり、おもちゃを見せても反応しない
普段なら反応するはずなのに、猫が何の反応も起こさない場合には、痛みがあったり、体調が悪いことが考えられます。

・何もしていないのに唸っていたり、普段とは違う鳴き方をしている
人間でも、痛みが強い場合には、思わずうなってしまうこともありますよね。
猫も、そんな感じなのかもしれません。

・喉がゴロゴロなっている
猫は、機嫌がいい時に喉を鳴らすことが知られていますが、痛みがある時にも、その痛みを緩和させようとして、ゴロゴロ鳴らすことがあります。

他にも、普段なら触らせてくれるのに、急に嫌がった場合にも、痛みや体調不良が考えられるそうです。
ご紹介したように、猫がお腹が痛い時には、色々な仕草があるので、どれか一つというよりも、どれだけ当てはまるかで判断するといいでしょう。

スポンサーリンク

猫のお腹が痛い時の病気

猫がお腹を痛がっている時に考えられる病気には、胃炎や大腸炎など、様々な可能性があるそうです。
また、猫が知らないうちに誤飲をしていたり、回虫などの寄生虫にかかってしまったなどが原因で腸閉塞を起こし、お腹の傷みがある場合も考えられます。
猫の仕草に加えて、食欲不振や下痢、嘔吐などの症状や、猫の排泄物の状態も確認してみてくださいね。

他にも、猫の便秘が酷く、腸の中に便が溜まってしまい、痛みがある可能性もあるでしょう。
猫は、元々あまり水分を取らない動物なので、便秘になりやすいと言われています。
お腹が痛くなる病気には、重症化すると命に関わるものもあるそうなので、早めの対処が大切になるでしょう。

猫がお腹を痛そうな時の対処法は?

先ほどもお話ししましたが、猫がお腹を痛がる原因は様々で、素人には判断が難しいそうです。
飼い主さんから見ても、猫が辛そうな場合には、症状が進行していることも考えられるので、獣医師さんに診てもらうことをオススメします!
動物病院へ行くときには、猫の便や尿、吐しゃ物を持って行くと、獣医師さんも判断しやすくなるでしょう。

きちんと治療を受けても、慢性的な便秘や大腸炎の場合には、薬の治療だけでは良くならないこともあるそうです。
その場合には、かかりつけの獣医師さんに相談しながら、ご飯を消化のいいものに変更したり、食物繊維や乳酸菌のサプリを取り入れてもいいそうですよ。
また、猫が便秘の時には、お腹を優しく円を描くように撫でてあげると、便秘解消に効果があると言われています。
ただ、猫が痛がっている最中や、便秘以外の原因がある場合には、逆効果になってしまう可能性もあるので、注意が必要です!

さいごに

猫がお腹が痛い時の仕草や、考えられる病気、対処法についてご紹介しました。

猫がお腹を痛がるのは、病気だけではなく、遊んでいる時などに誤ってぶつけていたり、電気カーペットなどで低温火傷した場合も考えられます。
猫は人の言葉を喋れないので、どのくらい痛いのかは分かってあげられませんが、普段とは違う様子に気づいて、きちんと対処してあげることが大切ですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました