https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

猫を叱ると逆ギレするのはどうして?対処法と注意点は

成猫
スポンサーリンク

我が家では保護猫6匹と生活をしています。
歳が半年ずつ離れているので、下の子たちは基本的に一番上のお姉ちゃんが教育的指導をしてくれました。
しかし一番下の末っ子男の子はよくいたずらをしてくれます。
一番上のお姉ちゃんに世話を丸投げしていたら、本当に手のかかる子に成長してしましました。
本人もいたずらをした後の私の反応を楽しんでいるところがあるみたいです。
まだ小さい頃は叱ると逆ギレをして、攻撃されたこともあります。
猫ちゃんの逆ギレはどうしてでしょうか?

大人の猫に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫を叱ると逆ギレするのはどうして?

猫ちゃんは基本的にしつけのできない動物です。
叱る・褒めるといった人間の行為は猫ちゃんにとっては理解不能です。
飼い主さんは猫ちゃんが悪いことをしたので叱ったつもりでも、残念ながら猫ちゃんに伝わっていない事の方が多いです。
猫ちゃんは飼い主さんが急に大声を出して怖い顔をし、叩かれたりしたら恐怖心でいっぱいです。
叱られて怖かったので、これ以上は攻撃してくるな!!との思いから威嚇してきます。
猫ちゃんからすると何がダメなのか理解していないのです。

猫を叱ると逆ギレする時の対処法

猫ちゃんを叱る時は何をしている時ですか?
爪とぎを場所以外ですることでしょうか?
乗ったらダメな場所に乗る時でしょうか?
トイレ以外で粗相をしてしまった時でしょうか?
しかし猫ちゃんの本能から言えば当然の行動なのです。
高い場所は安全と本能で認識しています。爪とぎは猫ちゃんにとってのストレス発散です。
本能は仕方がないので、飼い主さんも生活環境を変える努力が必要です。
高い場所には荷物を置かないように気を付けたり、よそで爪とぎをしてほしくない場合は肉球を爪とぎに擦り付けます。
肉球にある臭腺という部分からフェロモンが出ていますので、その匂いがついた場所で爪とぎをするようになります。
どうしてもダメでしたら少量のマタタビをふりかけてみましょう。


猫を叱る時の注意点

絶対に猫ちゃんに手を出してはダメです。
頭はもちろんのこと、お尻の付け根や尻尾などには様々な機能があります。
ここで○○をすると嫌な事が起きると理解させるのが一番早いです。
猫の知能は人間の3歳児程度と言われています。
悪いことをしたら霧吹きを吹きかけるのはよく聞くしつけですが、飼い主さんが鳴らしたとは分からないように大きな音を出す方法もあります。
悪いことをした=大きな音で驚いたと学習してもらいます。
大声で叱る・逃げる猫ちゃんを追いかけるもNGです。

さいごに

猫ちゃんは自分の本能に従って生活をしています。
猫ちゃんに習性を理解して叱らない生活をするのが一番の理想です。
猫ちゃんが逆ギレをしても怒らせたから・・・・。嫌われるかも・・・との思いからお詫びのおやつをあげたくなるかもしれませんが、これもNGです。
『怒ると良いことがある!!』と学習してしまうので、猫ちゃんに怒り癖がついてしまいます。癖がついてしまうと切れやすい子になってしまうので要注意です。
飼い主さんとの信頼関係ができたら逆ギレも少しずつ改善しますので、ご機嫌取りにおやつを使用するのは控えましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました