猫が下痢と血便がある時にするべきことは?元気な場合と原因は?

成猫
スポンサーリンク

昨日までは問題なかったのに猫が下痢と血便になっていたらとても心配です。
とくに何かを変えたわけでもない、という場合は特にですよね。
こんなときはどうしたらいいのでしょうか?
何が原因になっているのでしょうか?
そんな不安や疑問を解消すべく、今回は猫に下痢と血便の症状が出てしまった時の
するべきことや原因などをお伝えしたいと思います!

大人の猫の健康に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫が下痢と血便がある時にするべきことは?

まずどうするのがいいのか気になりますよね。
当たり前とも言えますが、動物病院へ行きましょう!
下痢と血便があるときは重い病気にかかっていることも考えられます。
動物病院へ行く場合は猫が出した便をジッパーかなにかに保存して
清潔な状態でもっていくことが大切です。
持っていけるようなものがない場合は携帯電話で写真を撮っておきましょう。
その方が便についての検査も捗りますし、原因解明が早くなります。
またいつから下痢と血便の症状が出ているかも詳細に伝えられるようにしましょう。
とくに以下のような症状を併発している場合は早急に病院へ!

●嘔吐
嘔吐も伴っている場合は腸だけではなく胃にも影響が出ている可能性が高く、
とくに重症な病気が潜んでいることも考えられます。

●元気消失
ぐったりしていたり、食欲もなく水分摂取も拒むようであれば早急な対応が必要です。
水を飲まないことで脱水症状を起こす可能性も!

●水に近い便
軟便でもなく、水様便になっている場合は下痢が酷いです。
猫はあまり水を飲まないので放置していると脱水になる危険もあります。

またこれらの症状に関わらず、子猫の場合は成猫ほど体力もないので
下痢と血便の症状が出たらすぐに病院へ行きましょう!

猫が下痢と血便をしたが元気な場合

下痢と血便が出ても普段と変わらず元気いっぱいということも実はあるんです。
排泄以外に何も変わる様子がないならしばらく様子をみても大丈夫ですが、
できればやはり病院へ行って検査したほうが安心です。
すぐに病院へ行くことが難しい場合は様子をみて、
他の症状が出始めたり下痢と血便の両方またはどちらかが続く場合は病院へ行きましょう。
他の症状が特にない場合はストレスが原因であることが多いです。
例えば引っ越しなどで環境が変わることをとても嫌う猫ですが、
それが大きなストレスとなって下痢と血便になっていることもあります。
そんなときは食欲などの状態に変化がないこともあるので、
猫にとって何かいつもと違うことはないかストレスになっていることはないか
直近のことを思い出してみて、症状がおさまらない場合は病院へ行き
思い当たることがあれば医師に伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

猫が下痢と血便をする原因は?

そもそもどういったことが原因でこのような症状が出るのでしょうか?
原因は猫によって様々なので、いくつかご紹介したいと思います。

●病気
胃腸などの消化器官や膵臓・肝臓などに何らかの病気があって、
それが排泄物として現れていることが考えられます。

●感染症
臓器の病気ではありませんが、感染症でも同じような症状が出ます。
猫伝染性腹膜炎や猫風邪などのウイルス性、線虫などの寄生虫によるもの、
また多くの猫は問題ありませんが老猫や子猫の場合は
カンピロバクターなどの細菌に感染しても症状が出る確率が高いです。

●食事や異物誤飲
食事を急に変えたり、乳製品などの猫が分解できないものを与えると
胃腸がびっくりしてしまったり消化不良を起こして下痢になる可能性があります。
また食物アレルギーを発症しても下痢や血便となることがありますので注意しましょう。
もちろん異物誤飲をした場合などは胃腸を傷つけている場合があるため、
下痢や血便になる可能性も高く、嘔吐を併発していることが多いです。

●ストレス
猫が元気な場合でもお伝えしましたが、猫はストレスを感じやすい生き物です。
人間でも極度のストレス状態にあれば下痢や血便といった症状が出てしまうことも!
それと同じように猫もストレスから下痢と血便がある可能性があります。

病気や感染症、異物誤飲の場合は猫の命にも関わってきますので
やはり症状が現れたらできる限り病院へ行くようにするのが安心です!

まとめ

猫が下痢と血便をしだしたらできるだけ早く病院へ連れていきましょう。
その場合には現物を持っていくと検査もしやすくいいですね!
難しい場合でもいつから症状が出ているか、普段と変わったことはしていないか
また携帯で撮影した便の写真は伝えられるようにしましょう!
原因は色々なものが考えられますので素人判断せずに、病院へ連れて行くのが安心です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました