猫が抱っこをすると怒る理由は?正しい抱き方と噛みつく時の対処法は?

猫 抱き方 成猫
スポンサーリンク

猫を見ていると可愛くてついつい抱っこしたくなりますよね。
抱っこしたらゴロゴロ言ってくれて幸せの極み!
ただ反対に抱っこしたけど猫に怒られてしまった…
という経験がある方も多いのでは?
これはどうしてなんでしょうか?
実は猫にめちゃくちゃ嫌われているのか、
なんて悲観的になってしまいますが、その理由が知りたいですよね。
そこで今回は猫の抱っこについて、
怒る理由や正しい抱き方から噛み付くときの対処法までお伝えします!

成猫に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫が抱っこをすると怒る理由は?

猫が抱っこをしたときに怒る理由は主に3つあります!
猫ちゃんの性格やそのときの様子から何が原因なのか
参考にしてみてくださいね。

●そもそも抱っこが嫌い
元も子もありませんが、実際にこういう子はいます。
抱っこは行動を制限するものなので自由好きな猫たちが
嫌がるのも無理はないかなという感じです。
また過去に抱っこして落としてしまった経験や、
猫がとても嫌がっているのに抱っこしてしまった場合も
その体験から抱っこ嫌いになっていることだってあります。
飼い主が嫌いなわけではないですが、
そもそも身体が宙に浮く感覚というのは
野生の猫なら体験しないものなので、
恐怖だったり気持ち悪さを感じてしまい、
やめてほしくて怒ってしまうんですね。

●抱っこに飽きた
猫は大変に気まぐれな生き物です。
自分から抱っこをねだってきたにも関わらず、
他に興味が移行するとすぐにおりたくなります。
でもそんなときに飼い主がいつまでも抱っこし続けていると
「早くおろしてよ!」ということで怒るようになるんです。

●抱っこの仕方が悪い
抱っこやおんぶの仕方に上手い下手、
というのは人間でもありますよね。
下手な方法で抱っこされると落ちそうで怖くなります。
実は猫も同じ気持ちなんです!
抱っこの仕方が安定していないと、
猫も恐怖を感じるため抱っこしないで欲しい気持ちが強まり、
恐怖と拒否が相まって怒ったようになってしまうんです。

スポンサーリンク

猫の正しい抱き方

抱っこは猫の身体が安定するようにしなければなりません!
苦しい姿勢だったり足が宙ぶらりんだったり、
今にも落ちそうな体勢だと猫も嫌になってしまいます。
それを考慮した上で以下の点に気をつけましょう!

・片腕を猫のわきに入れる
・一方の片腕で猫のお尻を支える
・後ろ足は飼い主のお腹や胸につくように!

この3つを守れば身体は安定して揺れることもありません。
とっても簡単なのでぜひ試してみてくださいね!

猫を抱きかかえるときに噛みつく時の対処法は?

抱きかかえようとしたら噛み付いてくる子もいますが、
そんなときは抱っこしないようにするのが1番!
何歳になっても抱っこしたら怒る子の場合は
そもそも抱っこ嫌いな猫ちゃんである可能性が高いですね。
ただ抱きかかえないといけない状況だってあります。
そんなときのためにも噛みつかれないようにしたいところ。
実は解決策はとっても簡単!
噛まれたときに大きな声を出して猫を驚かせましょう。
もちろん大声を出されたらびっくりするので
そのすきに抱きかかえてしまうということもできますが、
何より猫は急に大きな音がすることを嫌います。
そんな猫の基本的性質を利用して、
「噛む=大きな音がする」ということを覚えさせましょう。
猫は学習能力が非常に高いので、数回大声を出せば
嫌なことが怒らないように噛まなくなってくれますよ!

まとめ

猫は抱っこ好きな子もいれば抱っこ嫌いな子もいます。
どうして自分の猫が抱っこ嫌いなのか、
抱っこをすると怒ってしまうのか、
それには原因があるので猫の性格などから判断しましょう。
正しい抱き方をすれば抱っこ好きになってくれる
そんな可能性だってあります!
猫が抱っこさせてくれるように頑張りましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました