猫のトイレ掃除をすると怒る時の対処法は?理由と怒らせない予防法は?

成猫
スポンサーリンク

皆さん猫のトイレを定期的にお掃除されてますよね?
週に1回だったり月に1回だったり頻度は違っても
トイレが臭ってきた汚れてきたと感じたらお掃除していると思います。
猫トイレの掃除自体は丸洗いすればいいだけなのでとっても簡単ですが、
その時の猫の対応に困ったことがあるという方もいるのではないでしょうか?
猫によっても違いますが、まれにトイレを掃除しようとすると怒る猫がいます。
飼い主としては猫のためにも綺麗にしてあげたいので困ってしまいますよね。
『どうしたらいいの?なんで怒ってるの?』と思いながら掃除されてる方!
今回はそんな悩みを解決すべく、
・猫がトイレ掃除をするときに怒る場合の対処法
・怒る理由と怒らせないための予防法
についてご紹介したいと思います!

大人の猫に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫のトイレ掃除をすると怒る時の対処法は?

まさしく今困っているという方!
何より知りたいのは怒っている愛猫をどうしたらいいのか、
どうすればスムーズに掃除ができるのかということだと思います。
その疑問や不安にお応えできる方法を2つご紹介します!

●おやつをあげる
おやつはいつどんな時でも使える万能アイテムといっても過言ではありません。
大嫌いな爪切りや病院の後にご褒美として活用している方は多いです。
それと同じように猫が怒るほどに嫌がっているトイレ掃除の時も、
おやつを与えるだけで機嫌を直してくれる猫はとても多いです。
猫が好きなおやつを上手に活用して猫が怒らないようにするのがおススメです!

●おもちゃを与える
飼い主と一緒に遊んでしまうとトイレ掃除ができなくなってしまうので、
猫が1人で遊べるようなおもちゃを与えましょう。
猫が1人で遊べるようなおもちゃがない!自動で動くようなものはない!
という方も安心してください!
アルミホイルを丸めただけのものを追いかけたり、ビニール袋に入って遊んだりと
家にあるものでも1人で遊ぶのが好きな猫はとても多いです。
そういったものを使って猫が遊んでるうちに掃除できるよう仕向けましょう!

この2つの共通点は猫の注意をひくものを与えるということです。
トイレ掃除をしようとしている状況以上に猫が食いつくものを与えると、
そちらに興味を示しトイレ掃除については興味を無くしたようになる子が多いですよ!

スポンサーリンク

猫がトイレ掃除をして怒る理由

そもそもどうして怒ってしまうのでしょうか?
その理由は主に自分のもの、自分の縄張りを取られたと感じてしまうためです。
トイレの形や猫砂など、トイレにこだわりがある猫は多いと思います。
そして野生の頃はトイレした場所=自分の縄張りであることを主張していました。
そんな猫たちですから飼い猫であっても、
トイレがいつもの場所から奪われてしまうと不安になってしまいます。
『それは自分のもの!縄張りなの!どこに持っていくの!何をするの!』
と感じて怒ってしまうのです。

このような事情から元々外で暮らしていたり、
野生に近い品種の猫が怒ることが多いです。
本能的に拒否反応として猫パンチや威嚇が出てきてしまうのです!

猫のトイレ掃除をして怒らせない予防法は?

本能だから仕方ないといっても飼い主が怪我をしたり、
猫のストレスになってしまうこともあるため怒らせないようにしたいです。
怒った時のその場の対処法はわかりましたが予防することもできるのでしょうか。
具体的な予防策を2つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

●猫が寝ている間に行う
猫がくつろいでいたり寝ているときに洗いましょう。
トイレを掃除しようとしていることに気づかなければ猫も怒ることはありません。
物音で目を覚ましてしまう猫もいますが寝起きはぼんやりしている場合が多いので、
猫の意識がはっきりする前に掃除してしまいましょう!

●トイレを複数用意する
トイレが1つしかないとどうしても執着してしまう子がいます。
トイレを複数用意しておけば1つ洗われていてもまだあるので、
そこでトイレをすることもできますしそんなに怒るようなことはなくなります。
トイレの数が少ないなと感じたら更に増やすようにしてみるのがおススメです!
基本的な考えとしては、猫の数+1が丁度いいと思いますが
我が家の場合だと(猫の数6)+2で何とか・・・

まとめ

綺麗にしてあげたいのに怒られてしまうと困っちゃいますよね。
そんな時は猫が怒らないように対策をとりましょう。
それでも猫が怒ってしまう時は本能的に縄張りがなくなると思っているだけなので
そこまで気にせずにおやつをあげたり1人遊びができるおもちゃを与えて、
猫の気を他のものにそらすようにするのがおススメです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました