子猫の離乳食はいつから?量や食べてくれない時はどうすればいい?

子猫
スポンサーリンク

生まれた時の子猫はミルクで育てますが、成長していくにつれて人間と同じように、猫も離乳の時期が来ます。

猫を飼ったことがある人でも、ミルクから離乳食の移行を経験する人は少ないのかもしれません。

何度も経験があれば、状況に応じての判断もできると思いますが、初めてに近い経験なら、わからないことも多いですよね。

実際には、子猫はいつから離乳食を食べられるのでしょうか。

離乳食の目安の量や、もし食べてくれなかった時の対処法など簡単にご説明します!

では早速見て見ましょ?(/・ω・)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子猫の離乳食はいつから?

子猫に離乳食を与えてもいい判断としては、乳歯が生え始めているかどうかになります。

およそ、生後3週間?1ヶ月の間に生え始める事が多いようです。

保護した子猫などで年齢がわからなくても、歯茎を優しく触った時に硬いところがあれば、歯が生え始めているという事になります!

加えて、子猫が自分で排泄が出来るようになっているのかも、離乳食を始める判断になるでしょう。

補助がないと排泄が出来ない場合、消化器官がきちんと働いていない可能性があります。

その状態で離乳食を始めても、きちんと消化せずに体調を崩すかもしれません。

子猫がきちんと独り立ちしていることを確認して、離乳食を始めるといいでしょう!

ミルクを哺乳瓶ではなく、お皿などから飲んでいれば、離乳食を食べさせる時にスムーズです。

子猫の離乳食の量

子猫によっても食べてくれる量は様々なので、様子を見ながら与えるといいでしょう!

市販の離乳食のパウチの裏には、適正量の目安が載っていることが多いので、参考にしてもいいですね。

だいたい、子猫が一度に離乳食を食べられる量を1回分として、それを1日に3?4回に分けて与えます。

自分で排泄が出来るようになっていても、成猫に比べれば消化器官の働きは弱いです。

なので、一度に多く与え過ぎてしまうと、下痢をすることがあるので注意しましょう!

もし、食べきれなかった離乳食があっても、そのままにするとカビが生える危険があるので、衛生的に悪いです。

捨てるのはもったいない気持ちもわかりますが、風味も落ちるので子猫は好んで食べないでしょう。

次に与える時には、少なめに与えるといいのかもしれませんね。

最初はミルクと併用など、離乳食を少ない量から始めて、だんだんと慣れてくれば、自然とミルクの量が減っていきます。

代わりに水で水分を取るようになるので、清潔なお水を近くに用意しておくといいですね!


子猫が離乳食を食べてくれない時

離乳食を始められる時期になっても、食べてくれない子猫もいます。

その場合、離乳食を食べ物だと認識していない可能性が大きいです。

理解してもらうためには、少し舐めさせて味を覚えてもらうといいでしょう。

指に少しつけて子猫の鼻の前に持っていったり、上あごのあたりに付けると舐めてくれます。

上手くいけば、そのまま離乳食を食べてくれるでしょう!

猫は温度にも敏感なので、離乳食が冷たくて食べないこともあります。

人肌くらいに温めると匂いもわかりやすくなるようなので、食べてくれるかもしれません。

スポンサーリンク

味の好みもあるので、食べてくれない時は一種類だけではなく、いくつか試すこともオススメです!

子猫が空腹のときやミルクの時間の前に、何度も離乳食を食べさせる機会を作って挑戦するといいでしょう。

子猫が本当に嫌がっている場合は、無理やり食べさせようとすると逆効果になります!

本当に何も食べない事の方が問題なので、どの方法を試してもダメな場合は、ミルクを与えてしまった方が安全でしょう。

しばらく期間を置いて離乳食を試したら、もしかしたら食べてくれるかもしれません。

飼い主が焦らずに、子猫のペースに任せることも大切です。

さいごに

子猫の離乳食についてでしたが、いかがでしょうか?

離乳食の味にも慣れてきたら、子猫用のドライフードをお湯などでふやかして与え始めてもいいでしょう。

歯が生えそろえば、ドライフードをそのまま出しても食べてくれるようになります。

子猫は成長期なので、カロリーの消費が多く、栄養素も大切です。

高級品ではなくとも、体にいいご飯を与えて、子猫が元気で健康に育っていけるように見守りたいですね!

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました