子猫が下痢をした時の応急処置は?嘔吐と水分補給は?

子猫
スポンサーリンク

子猫は、まだ消化器官が未熟なので、よく下痢をすると言います。
ですが、中には病気や感染症が隠れていることもあるので、注意が必要です!
子猫が嘔吐をした時の対処法や、水分補給の方法も併せてご紹介します。

スポンサーリンク

子猫の病気に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク

子猫が下痢した時の応急措置は?

子猫の下痢には、ご飯の栄養成分が、体に合っていないことで起こることが多いのですが、病気によって引き起こされる場合もあります!
子猫が下痢をする以外に、発熱や嘔吐、ぐったりしているなどの症状がある時には、早めに獣医師さんに診てもらうと安心です。
子猫に目立った異常がなく、ご飯を新しいものに変えた覚えがある場合には、ご飯を一つ前のものに戻すことで、対応できるでしょう。
ただ、下痢を何度も繰り返していたり、下痢に血や異物(寄生虫など)が確認できた場合には、元気でも急変する危険があるので注意が必要です!

動物病院で診てもらう時には、下痢を密閉容器に入れて持っていくと、原因を調べるのにスムーズでしょう。
病院に持っていけない場合には、子猫の下痢の写真を撮っておくこともオススメです。
子猫はいつから下痢なのか、他の症状はあるかなども把握しておくと、獣医師さんに質問されたときに答えやすくなります。

成猫の場合には下痢になると、半日などの絶食をして消化器官を休めることもあるようですが、子猫の場合には、短時間の絶食でも危険です!
自己判断だけではなく、獣医師さんなど、専門知識のある人からの指導に従うことも大切でしょう。

スポンサーリンク

子猫が嘔吐をした時の対処法

子猫が嘔吐をした時には、嘔吐物に何か混ざっていないかなどを確認して、対処するといいでしょう。
嘔吐物にご飯が混ざっているようなら、食べ過ぎや早食いの可能性があります。
その場合には、ご飯を与える1回分の量を少なめにして、回数を小分けにして増やすことがオススメです。
遊びで興奮して吐いてしまうこともあるので、安静にさせて、様子を見るといいでしょう。

子猫が嘔吐をした後、元気がなかったり、食欲不振が続く、フラフラしているような場合には、病気や感染症、誤飲の疑いがあります!
嘔吐を何日も繰り返したり、嘔吐物にビニールなどの異物がある場合には、早めに動物病院で診てもらうといいでしょう。
免疫機能の弱い子猫は、症状が重篤化しやすいので、注意が必要です!

動物病院に行く時には、下痢の時と同様に、嘔吐物(ティッシュなどで拭いたもの)を袋に入れて持って行ったり、写真を撮ることをオススメします。
嘔吐の感覚や回数、いつからなのか、嘔吐した後の子猫の様子なども確認しておくと、原因の追究に役立つでしょう。

子猫の水分補給のさせ方は?

お水を入れた器を、複数の場所に置いておくと、子猫が好きな時に水が飲めるので、オススメです!
また、ご飯をドライフードだけではなく、ウェットフードも与えることで、水分補給の効果があります。
下痢や嘔吐の症状がある時には、水分が失われて脱水症状になりやすいので、注意が必要です。
子猫が自分からお水を飲んでいないようなら、スポイトなどで少しづつ舐めさせる方法もいいでしょう。

子猫にあげるお水の容器を頻繁に洗ったり、お水も毎日交換して、清潔を保つことも大切です!
子猫によっては、水の好みがあるので、ぬるま湯にしたり、給水機を使用したり、好みを探してあげるのもいいでしょう。

さいごに

子猫が下痢をした時の応急処置や嘔吐の対処法、水分補給の方法についてご紹介しました!

子猫が下痢や嘔吐をした場合には、何が原因なのかを判断して、対処することが大切でしょう。
子猫がストレスを感じていても、下痢や嘔吐の症状が出ることもあります。
その場合には、子猫が安心できるよう、静かな場所を用意することもオススメです!
猫は、あまり水を飲まない動物ですが、お水を複数用意することで、飲んでくれる可能性も高くなるでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました