老猫の便秘にヨーグルトはいいの?与えてもいいものや分量は?

老猫
スポンサーリンク

老猫は、体の機能の衰えなどが原因で、便秘になりやすいそうです。
便秘で体内に便が溜まったままになり、細菌毒素が体に再吸収され、最悪の場合には命にかかわることもあるようなので、早めに対処したいですよね!
便秘にはヨーグルト!というのは、人間の間では有名な話ですが、老猫に与えても効果があるのでしょうか?
人間用のヨーグルトでも、与えてもいいものや分量を調べてみましたので、ご紹介します!

では早速見て見ましょ?(/・ω・)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

老猫の便秘にヨーグルトはいいの?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、便秘予防になりますが、猫に与えてもその効果が期待できるようです!
他にも、乳酸菌は口の中の雑菌が増えることを抑える効果もあり、口臭予防になるという話もあります。
普段のキャットフードからは摂取できない栄養素も取れるので、免疫力アップ効果も期待できるでしょう。

いつも飼い主さんもヨーグルトを食べている場合には、冷蔵庫に常備されていることが多いと思うので、すぐに試せるのではないでしょうか?
ただ、便秘の原因や猫の個体差にもよるので、必ずいいとは限らないようです。

ヨーグルトや牛乳などの乳製品には乳頭が含まれていますが、多くの猫は乳頭を分解する酵素ラクターゼの働きが弱いと言われています。
牛乳よりも、ヨーグルトに含まれている乳頭は少ないようですが、それでも下痢や体調不良の心配もあるでしょう。
初めて猫にヨーグルトを与える時には、少量だけ舐めさせて、便の様子などを確認することをオススメします!
また、ヨーグルトを食べることで、まれにアレルギー症状が出ることもあるようです!
猫にヨーグルトを与える前には、獣医師さんに相談してからの方が安心でしょう。

老猫に与えていいヨーグルト

猫に人間用のヨーグルトを与える場合には、無糖で低脂肪(無脂肪)のものを選ぶといいでしょう!
栄養価が高く、健康志向の機能性ヨーグルトもオススメです。
普段のヨーグルトには脂肪分が多く含まれていて、猫が食べ続けることで肥満になる可能性もあります。
加糖のヨーグルトも、猫は糖分の分解が苦手なため体内に長く残ってしまい、肥満の可能性があるようです。
肥満になってしまうと、糖尿病や様々な病気の危険性も出てきます。
老猫は特に、体の機能が衰えて病気になりやすくなっているので、気を付けてあげたいですね。

ペットショップや動物病院などで、猫用のヨーグルトも販売しているようです!
無糖で低脂肪のものを選べば人間用でも大丈夫ですが、やはり猫には猫用のものが安心かもしれません。
少し値段は高いですが、飼い猫のご飯を買うついでに、探してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


老猫にヨーグルトを与える分量

体にいいからと言っても、与えすぎは逆に毒になるので注意です!
猫がヨーグルトを食べても体調不良などがない場合、毎日ティースプーン1?2杯くらいまでなら食べても大丈夫な量になります。
それ以上の量を猫に与え続けてしまうと、ヨーグルト内のナトリウムやカルシウムなどのミネラル分の取りすぎで、尿路結石になる可能性があるようです。
尿路結石は、摂取したミネラル分が結晶化して固まって、尿管に詰まってしまう病気で、最悪の場合には体内に毒素が回り、危険な状態になることもあります。
猫は元々、泌尿器系の病気にかかりやすいと言われているので、与える分量は必ず守るように注意しましょう!

夜行性の猫は、夜に腸内活動が活発になると言われています。
夜ご飯と一緒に、または、夜ご飯の後にヨーグルトを与えてみるといいでしょう。

さいごに

老猫が便秘の時に、与えてもいいヨーグルトや分量をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

基本的には人間の食べ物を猫に与えてはダメですが、ヨーグルトは種類や量を守れば、健康維持の効果があるようですね!
飼い猫が便秘解消に向かってきたら、毎日与えていたのを2日や3日置きに変えるなど、調整するといいでしょう。
逆に、ヨーグルトを与えても便秘解消の効果がない場合には、便秘の原因が腸内環境だけではない可能性があります。
水分不足やストレス、運動不足、病気などの場合には、それらの原因を取り除くことも、便秘解消には大切です!

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました