老猫が便秘で吐いてしまう原因は?解消法と排泄を促す方法は?

老猫
スポンサーリンク

老猫になると様々な不調が出てきますが、慢性的な便秘もその一つでしょう。
ですが、便秘が原因で老猫が嘔吐してしまう場合には、命に関わる場合もあるようです!
老猫が便秘で吐いてしまう原因は、どんなものなのでしょうか?
便秘の解消法や排せつを促す方法も、併せてご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

老猫が便秘で吐いてしまう原因は?

老猫が便秘で吐いてしまった場合、慢性的な便秘が悪化していることが考えられます!
硬い便を出そうと力む時に、力を入れすぎて貧血を起こし、吐いてしまう場合があるようです。
吐しゃ物から便の臭いがした場合には、腸閉塞になっている可能性もあるので、注意が必要です。

老猫になると、運動不足になったり、食事の量も少なくなるので、便秘になることが多くなります。
また、筋肉も弱っているので、排泄の時に踏ん張れないことや、便を押し出す力が弱いことも便秘の原因でしょう。
このような便秘を繰り返していると、腸内に残った便の水分が失われて余計に硬くなってしまい、便秘の悪化につながります。
老猫が、持病などで薬を飲んでいる場合には、薬の副作用で便秘が起こることもあるそうです。

老猫の便秘が酷くなってしまうと、肛門近くの結腸に便が溜まってしまう“巨大結腸症”になってしまう危険も考えられるでしょう。
便に含まれる毒素が、体の中に再吸収されてしまうと、命に関わることもあります!
老猫にはありがちな便秘だとしても、軽く考えるのではなく、獣医師さんに相談するなど、早めの対処が必要です。

老猫の便秘解消法

老猫が便秘になってしまった時には、意識して軽い運動をさせると良いでしょう。
老猫の足腰を痛めたり、負担にならないよう、低めの段差を上り下りさせる運動や、トンネルのおもちゃを使って、中を歩かせる運動がオススメです。
どうしても興味を示さない場合には、マタタビやキャットニップの匂いが付いたおもちゃを使ってみると、反応が違うかもしれません。
老猫の体調を見ながら、ゆっくりした動きで1日10分程度遊んであげると良いでしょう。

また、ヨーグルトなどの乳酸菌を与えることも、猫の便秘に効果があるようです!
出来ればペット用のものが良いのですが、手に入らない場合には、人間用の無糖プレーンヨーグルトを毎日小さじ1杯程度与えます。
ヨーグルトに糖分が含まれているものは、猫が摂り過ぎてしまうと、糖尿病の危険性が出てくるので注意が必要です。
ただ、ヨーグルトに含まれているナトリウムやカルシウムなどのミネラル分の摂り過ぎが原因で、尿路結石を起こすこともあると言われています。
ヨーグルトを与える前には、獣医師さんに相談してからの方が安心でしょう。
老猫にオリーブオイルを少し舐めさせる方法もありますが、ヨーグルトと同様に、人間の食べ物を与える場合、獣医師さんに相談してからがオススメです。

スポンサーリンク

溜まっている便を柔らかくするために、老猫の水分補給も大切でしょう。
猫は自分から水を飲むことが少ないので、ウェットフードや、ささみの茹で汁を使って、摂取する水分を補います。

老猫の便秘が辛そうだからと言っても、人間用の便秘薬や下剤は危険です!
自宅での対処が難しい時には、動物病院で薬を処方してもらうと良いでしょう。

老猫の排泄を促す方法は?

老猫の排泄を促すために、解消方法と合わせて、マッサージをしてみることもオススメです!

お腹を触っても嫌がらない猫の場合には、おへそ周辺を時計回りにゆっくり優しく撫でてあげます。
結腸のある左側のお腹や、足の付け根当たりも、軽く触ってあげると良いでしょう。
また、猫が比較的嫌がらない場所では、尻尾の付け根の部分を触ると、反応して便が出やすいと言われています。
老猫のマッサージをすることで、コミュニケーションにもなり、触って痛がる部分はないか?など、確認することもできるでしょう。
老猫がマッサージを嫌がった場合には、無理に続けなくても大丈夫なので、ちょっとずつ様子をみてあげると良いでしょう。

さいごに

老猫が便秘で吐いてしまう原因や便秘の解消法、排泄を促す方法についてご紹介しました!

便秘解消のヨーグルトやオリーブオイルは、猫の好みが分かれて、口にしない事もあります。
その場合には、無理やり老猫に食べさせるよりも、他の方法を試してあげることがオススメです。
老猫の便秘が気になる場合には、獣医師さんに相談すると、アドバイスをくれることもあるでしょう。
便秘が悪化して病気を引き起こさないためにも、異変にすぐ気づけるようにしておきたいですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました