猫が水をあまり飲んでくれない時の対処法は?原因と一日に飲ませたほうがいい水分量は?

成猫
スポンサーリンク

猫には毎日フードやお水をあげていますよね。
フードはすごく食べてくれるけど、なかなか水を飲んでくれない!
そんなふうにお困りの方も多いかと思います。
腎臓や泌尿器系の病気を予防するためにもお水は普段からのんでほしいですよね。
猫の健康のためにも適切な量を飲んでほしいお水について、飲んでくれないときの対処法と原因、
そして1日に飲ませたほうがいい水分量をお伝えいたします!

大人の猫の健康に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫が水をあまり飲んでくれない時の対処法は?

器にお水を入れていつでも飲めるようにしているのに、あまり飲んでくれない…
じゃあ、どんな工夫をすれば飲んでくれるんでしょうか。
毎日清潔な水を用意してあげることは大前提として、その他のおすすめ対処法をご紹介いたしますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

●器を替えてみる
猫はフードを食べるときやお水を飲むときにヒゲが器にあたるのを嫌がる子が多いです。
猫のヒゲには様々な役割があり、とても敏感な部分なので飲食のときに触れてしまうと気になってしまう子もいます。
なのでヒゲがあたらないような器であげてみましょう!

●自動給水器を使う
猫はとどまっている水よりも流れている水を好みます。
これは砂漠で生きていたときの名残で流れている水のほうが清潔であることを本能的に知っているからなんですね。
水飲み皿からは飲まないけど、シャワーやキッチンの蛇口から直接水を飲むのは好きと言う子も多いのではないでしょうか。
1日中蛇口から水を出すのは難しいと思いますので、自動給水器であげてみると飲んでくれるかもしれません!

●猫用スープやウェットフードを与える
どうしてもお水を飲んでくれない猫の場合は食事で水分を摂るようにしてあげましょう。
猫用スープやウェットフードは好んで食べてくれる子が多いですよね。
ウェットフードも水分量が70%以上のものが多いので猫にとってはいい水分補給になります。

スポンサーリンク

猫が水道水を飲んでくれない原因

ミネラルウォーターは飲んでくれるけど水道水には全く興味を示さない、という子もいますよね。
それはカルキの匂いを嫌っているからかもしれません。
カルキはプールを思い浮かべてくれれば分かるかと思いますが、独特な匂いがしますよね。
水道水にも病気の原因となりうる微生物などを殺菌するために少量ではありますが含まれています。
私達では感じない程度でも嗅覚にすぐれている猫の中には嫌がる子もいます。
そんなときはカルキ抜きしたお水や純粋、ミネラルウォーターをあげてみましょう!
ミネラルウォーターといっても硬水など硬度の高いものは泌尿器系の病気の原因にもなりますので、軟水のミネラルウォーターをあげるようにしてくださいね。
匂いを取り除くことで飲んでくれるようになる子もいますのでお試しする価値はあると思います!

猫に1日に飲ませたほうがいい水分量は?

やっぱり何事も適切な量というものがありますよね。
お水も同じで少なすぎても多すぎても病気になってしまう可能性があります。
猫のお水の適量には諸説ありますが、1kgあたり50ml前後の水分を与えるのがいいと言われています。
成猫の体内のおよそ60〜70%が水分で出てきており、1日に150〜200mlほどの水分を排出しているため、
その不足分を補うための水分量を与えてあげるのがちょうどいいですね。

また、猫が普段と比べてあまりにも水を飲むようになっている場合は
腎臓疾患や泌尿器疾患の可能性がありますので病院にいってあげてくださいね。

まとめ

猫ちゃんは砂漠で生きてきたこともあって水をあまり飲まなくても生きていける構造になっていますが、
健康のためにもできる限り適切な量を飲んでほしいですよね。
流れる水が好きだったり、ヒゲがつく食器は嫌いだったり、カルキの匂いがして嫌だ
など細かいところに注文をつけてくる猫たちですが、元気に長生きしてもらうためにもぜひ実践してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました