猫のキャットタワーはいつからいるの?選び方とおすすめは?

成猫
スポンサーリンク

室内飼いの猫は運動不足になりがちですが、そんな時には、キャットタワーがあると便利ですよね。
子猫の時期には危ないからもう少し後で…と考えている飼い主さんもいるかもしれませんが、キャットタワーは、猫にとっては早い方がいいそうです!
キャットタワーを購入する時の選び方やおすすめをご紹介します。

大人の猫に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫のキャットタワーはいつからいるの?

きっちりと時期が決まっているわけではないようですが、生後2カ月頃からキャットタワーを置いた方がいいと言われています。
走り回ることが多くなり、何にでも興味を持って活発に動くようになったら、購入を検討するといいでしょう!
子猫のうちからキャットタワーを上り下りさせることで、筋肉の発達を促したり、高いところから飛び降りる練習にもなります。
また、子猫は比較的に環境の変化にも対応しやすいので、部屋に見知らぬキャットタワーを置いても、好奇心の方が勝って、すぐに慣れるでしょう
成猫になってしまった場合でも、家具を移動するなど、大きな変化を加えなければ大丈夫だと考えられます。
もしも猫がキャットタワーを使ってくれなくても、無理やり連れて行くのではなく、様子を見てみるといいでしょう。
どうしても使ってくれない時には、猫が好きなおやつやご飯、おもちゃで興味を引いて、キャットタワーに誘導する方法もあります。

キャットタワーの設置場所は、外の景色が見える窓に近い場所に置くと、猫に刺激を与えられていいですよ!
ただ、室温が猫にとって快適でないと、だんだんと使わなくなることも考えられるので、冷暖房完備の部屋か、風通しの良い部屋がオススメです。
キャットタワーからの落下事故や、ケガなどの対応がしやすいように、飼い主さんの目の届く場所に設置するといいでしょう。

猫のキャットタワーの選び方

キャットタワーで一番大切なのは、猫が使っていて安全かどうか、になります。
値段が安すぎるものだと、壊れやすかったりして安全性にも欠けるので、避けた方がいいでしょう。
子猫の時にキャットタワーを購入する場合、高さ調節機能があるものだと、成猫になってもある程度は使えます。
猫はどちらかというと、新しいものよりも使い慣れたものを好む傾向にあるので、飼い猫が気に入っているものは出来るだけ長く使いたいですよね。
キャットタワーには、そのまま床に置くタイプの据え置きと、床から天井に突っ張るタイプのものがあります。
据え置きタイプは、猫が上から飛ぶ時など、後ろ足で蹴ると倒れやすいところがデメリットですが、移動がしやすく、賃貸には向いているでしょう。
突っ張るタイプのキャットタワーは、固定するために天井などを傷つける恐れがあるので、賃貸向きではありませんが、倒れる心配は少ないです。

スポンサーリンク

キャットタワーを、どの部屋のスペースに置きたいかによっても、選び方が変わるでしょう!
大きくて高さのある方が猫も喜ぶと思って購入しても、部屋を圧迫してしまうことになれば、飼い主さんが暮らしづらくなってしまいます。
購入する時には、置きたいスペースをメジャーなどで測って、キャットタワーの大きさも確認することが大切です。

猫のキャットタワーのおすすめは?

キャットタワーには、ポールに麻を巻いているタイプの爪とぎが付いているものが多いですよね。
猫によっても変わりますが、爪とぎの素材には、爪が引っ掛かりやすいものを好む傾向があり、その中でも麻は人気です。
また、ステップや台だけではなく、猫が中に入って隠れられるようなハウス付きのものもいいでしょう。
キャットタワーは、猫がビックリしたり、何かあった時に逃げられる場所でもあります。
上に登ればひとまず落ち着きますが、隠れられるところもあれば、より、安心感も得られるでしょう。
猫の寝床になるハンモックが付いたキャットタワーもおすすめです!
ハンモックは、冬場には温かく、夏も寝心地がいいと言います。
ハンモックに寝ている猫を見るだけで、飼い主さんにとっても癒し効果がありますよ。

キャットタワーのステップや台は、起毛素材などで滑りづらくなっているものが安心でしょう。
角もきちんと丸い加工になっていれば、思わぬケガも少なくなります。
スロープもついているタイプなら、子猫や老猫でも、上に登りやすくなるでしょう。

さいごに> 猫のキャットタワーの購入時期や選び方、おすすめについてご紹介しました! 子猫の時のキャットタワーは、ステップの幅があまり大きいと、飛べないこともあるので、注意が必要です。 飼い猫の成長具合に合わせて、キャットタワーを選ぶといいでしょう。 キャットタワーがあれば、お留守番の多い猫でも、1匹で運動することもでき、安心できる場所にもなりますよ! 共有:

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました