子猫の留守番をペットシッターかペットホテルのメリット・デメリットは?

子猫
スポンサーリンク

成猫の場合には、最大でも3日くらいだったら1匹でのお留守番を頼むことが出来ますが、子猫の場合には心配ですよね。
最近では、ペットシッターやペットホテルに預ける人も多いようですが、どちらにしようか迷ってしまう飼い主さんもいるのではないでしょうか?
それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子猫の留守番をペットシッターのメリットは?

ペットシッターを頼むと、担当のシッターさんが自宅に来てくれて、飼い猫の世話をしてくれます。
そのため、完全室内飼いなどで外の世界に慣れていない子猫の場合、環境の変化による不安やストレスが感じにくいでしょう。
また、他の動物と一緒になることもないので、病気や、ノミ・ダニの感染の心配も少ないです。
ペットシッターを頼むと、時前に打ち合わせがあるので、子猫の性格などを伝えておけば、その子に合ったお世話をしてくれるでしょう!
信頼できるペットシッターさんに出会えれば、また同じ人に頼むことも可能になります。

料金は、1時間2,000円?4,000円くらいで、多頭飼いでも追加料金がないところが多いようです。
基本的には、1日に1時間前後のお世話になりますが、交渉などによって、1日に朝・晩のお世話を頼むこともできるでしょう。
最近では、お世話中の子猫の様子を写真に撮って飼い主さんにメールを送ってくれたり、ムービーを送ってくれるところも多いそうです。
お留守番中の子猫の様子がわかると、外出中でも安心できますね!
もしも、子猫が体調不良やケガをした時のために、いつも通っている動物病院の連絡先を伝えておいてもいいでしょう。

子猫の留守番をホテルのメリットは?

ペットホテルは、動物病院やペットサロンが運営しているところが多いので、子猫の体調不良やケガなど、緊急時の対応も可能です。
ペットショップなど、他の企業が運営している場合には、どの病院と提携しているか確認しておくこともオススメします。
ペットホテルの中には、24時間体制でスタッフが巡回しているところもあるので、子猫の様子も頻繁に確認してくれるでしょう。
また、子猫の爪切りやマッサージ、シャンプー付きなどの様々なプランもあるので、ニーズにも合わせやすいです。
ペットホテルはペットシッターとは違い、ホテルの施設に子猫を預けるので、自宅にあがられたくない飼い主さんにも向いています。
料金は1泊3,000円?6,000円くらいで、多頭飼いの場合には、追加料金を設けているところもあるようです。
3種ワクチン接種とノミ・ダニ予防は必須で、証明書の提示をお願いされることもあるので、時前に確認すると良いでしょう!

子猫の留守番をペットシッターとホテルのデメリットは?

ペットシッターとペットホテルのメリットいついてお話ししましたが、もちろんデメリットもあります。
それぞれのデメリットについては以下のことが考えられるでしょう。

【ペットシッターのデメリット】
シッターさんにお願いしている時間は決まっているので、シッターさんが帰ってしまった後の子猫の体調不良や、ケガをした時の対応が遅れてしまいます。
子猫は免疫力が弱く、重症化する心配もあるので、飼い猫がもともと体調を崩しやすい場合には、注意が必要です!
ペットシッターさんは自宅でお世話をお願いするので、自宅のカギを預けて、部屋にあがってもらう必要があります。
そのため、セキュリティ面を心配する飼い主さんも多いでしょう。
信頼できるかどうかを判断するためには、ネットでの口コミや時前の打ち合わせなで、担当者さんがどのような人なのかで決める必要があります。
飼い猫への接し方や、飼い猫が担当の人にどのような反応をしているかでも、判断できるでしょう。

スポンサーリンク

【ペットホテル】
ペットホテルに預ける場合、子猫が環境の変化に馴染めない性格だと、子猫にとって大きなストレスになってしまいます。
また、1頭ずつ比較的狭いゲージに入れられることが多いので、ゲージ慣れしていない子猫の場合には、難しいでしょう。
猫専用のペットホテルも存在しますが、ほとんどは他の動物とも一緒に泊まることになります。
ワクチン接種や、ノミ・ダニの予防が必須だとは言っても、病気などの感染の心配はあるでしょう!
ペットホテルの中には、数時間からのお試しを受け付けているところもあるので、一度利用してみたうえで、判断することをオススメします。

さいごに

ペットシッターとペットホテルのメリット・デメリットについてご紹介しました!

どちらも、留守中の飼い主さんの代わりにお世話をしてくれるサービスですが、飼い猫の性格によってはストレスの原因になるので注意が必要です。
ペットシッターやペットホテルを利用する場合には、信頼して飼い猫をお願いできるかどうかをきっちりと調べて決めることも大切になるでしょう。
お盆や夏休みなどの大型連休には、予約が埋まってしまうことも考えられるので、早めに連絡しておくことをオススメします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました