子猫が落ち着くのはいつから?落ち着かせ方と香りはなに?

子猫
スポンサーリンク

とってもかわいい子猫たち。
寝ている姿も遊んでいる姿も、何をしていても可愛くてたまらないですよね。
でも子猫は本当にやんちゃ盛りでなかなか落ち着いてくれない…
毎晩夜中の運動会で寝不足になっている…
そんな方もかなり多いのではないでしょうか。
子猫が落ち着くのはいつからなのか?落ち着かせ方と落ち着く香りは何?などやんちゃな子猫に対しての疑問を一緒にみていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子猫が落ち着くのはいつから?

日々できることが多くなっていき、成長している子猫たち。
とってもかわいいけれど、成長するほど遊び方もアグレッシブなんてことも!

子猫は早い子では生後3ヶ月から、多くの子は生後半年をすぎると
だんだん遊びも激しくなってきて飼い主の方がへとへとなんてことも多いですよね。
ですが猫もずっとやんちゃ盛りなわけではありません。
大抵の子は1歳〜1歳半くらいの成猫になると遊びも落ち着いてきます。
中には3歳くらいまで元気な子もいるようですが、4歳を越えても昼夜遊び回るような子はほとんどいません。
基本的には激しい遊びを要求してくるのは子猫の間だけだと考えて、
今しかないやんちゃ盛りを楽しみながら遊んであげましょう!

子猫が興奮しているときの落ち着かせ方

子猫が興奮するのには様々な理由がありますが、どうやって興奮状態を沈めればいいのでしょうか。
いくつか方法をお伝えしますのでぜひ参考にしてくださいね。

●他のもので気をそらす
子猫は飼い主が別のことをしている間など、1人遊びをすることも多いですよね。
そんな中で突然興奮してしまい、手がつけられないような状態になってしまうこともあります。
そんなときはおやつや他のおもちゃで猫の気をそらすようにしてあげましょう。
興味の対象が移れば興奮状態が落ち着く子が多いです。

●隔離する
他の猫とじゃれていたり、なにかに怒りを覚えて興奮してしまうときもありますよね。
そんなときは他の猫や、猫自身も怪我をしてしまう恐れがありますから部屋を隔離しましょう。
隔離するときは自分も引っかかれたり噛まれたりしないように気をつけながら、
興奮している対象から猫を離してあげてくださいね。

●怪我をしないように放置する
どうしても猫の興奮が収まらないときや、興奮しすぎて飼い主に被害が及ぶなんてこともあります。
そんなときは物が落ちたりぶつかって怪我をしないように部屋を整理してあげて、猫を放置しましょう。
放置しといて大丈夫なの!?余計に興奮するんじゃない!?と思われたあなた!
放置していればそのうち遊び疲れて寝てくれる子が多いので大丈夫です。
起きたときにはもう興奮していませんので、放置するというのも1つの手として考えてくださいね。

子猫が落ち着く香りは何?

香りで猫を落ち着かせることができれば嬉しいですよね。
香りとは少し違いますが、猫を落ち着かせるのに適しているフェロモンがあります。
「フェリウェイ」という商品なのですが猫の頬から出るフェロモンを利用したものとなり、
部屋に散布することで猫が安心感を覚え感情を落ち着かせる効果があります。
実際に口コミなどでも好評なので試す価値はあると思います。

スポンサーリンク

また落ち着かせるためといって人間用のアロマなどを猫に使用してはいけません。
猫は肉食動物のため植物の消化がうまくできず、
吸い込んだ植物性の成分を分解できないまま中毒症状を引き起こす可能性があります。

猫を落ち着かせるときは、猫が落ち着くフェロモンを利用してあげるといいですね。

まとめ

やんちゃ盛りのかわいい猫たちに関する情報をお伝えさせていただきました!
我が家の猫も遊びが激しいという方も多かったのではないでしょうか。
ですがそんなに猫たちが飼い主と遊んでくれるのも今だけです。
あまりにも興奮したりした場合は落ち着かせつつ、めいいっぱい遊んであげてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました