猫がベッドに一緒に寝る理由は?寝てくれる人と注意点は?

成猫
スポンサーリンク

単独行動がほとんどの猫ですが、飼い猫の場合には、寝る時には人間と一緒ということも多いそうですよ。
猫がベッドに一緒に寝てくれる理由は、どんなものがあるのでしょうか?
一緒に寝てくれる人や、注意点についても調べてみました。

大人の猫に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫がベッドに一緒に寝る理由は?

猫が一緒に寝るのは、その人のことを信頼関係していたり、母猫のように思っていて、甘えている気持ちがあるからだそうです。
特に、避妊・去勢手術済みの猫や、早くから母猫と離れてしまった猫の場合には、甘える欲求も強くなると言われています。
多頭飼いをしている場合には、独占欲の強い猫は、他の猫に大好きな飼い主さんを取られないように、一緒に寝ることもあるそうです。
また、寝ている時には無防備な状態になるので、いつもお世話してくれる飼い主さんの側が、猫にとって安心して寝られる場所なのでしょう。
猫によっては、逆に、寝ている飼い主さんのことを守るために、側に眠って待機しているという話もあります!

他にも、ベッドや布団が、猫にとって寝心地のいい場所なので、人間と一緒に寝ているということもあるそうです。
ふかふかな布団や、温かい場所は、猫にも居心地がいいのかもしれませんね。

猫が一緒に寝てくれる人

飼い猫との信頼関係や、愛情があるのはもちろんだと思いますが、それだけではなく、猫自身が、安心して眠れると感じてもらうことが大切です!
人も猫も、寝る時にはゆっくり眠りたいので、寝相がよく、イビキも酷くない人が猫にとっても好まれるでしょう。
また、嗅覚にも優れているため、ニオイにも敏感です。
柔軟剤や、芳香剤などの強いニオイがしていると、いくら大好きな飼い主さんの側だと言っても、猫が寄っていけない可能性もあります。
特に、柑橘系のニオイは苦手なので、寝る場所は、ニオイの少ない方がいいですね。

もしも、飼い猫が一緒に寝てくれない場合でも、普段きちんとコミュニケーションが取れているのならば、飼い主さんのことが嫌いという訳ではないので大丈夫ですよ。
基本的に猫は気まぐれなので、他に寝心地のいい場所があって、そっちの方を気に入っているのかもしれません。
猫が精神的に自立している場合も、起きている時には側にいても、飼い主さんと一緒に寝ることは少ないでしょう。
ニオイや寝相、イビキに思い当たることがある場合には、改善してみると、一緒に寝てくれるようになる可能性も考えられますよ。

スポンサーリンク

猫と一緒に寝る時の注意点は?

寝ている時には、無意識に寝返りを打つこともあるので、猫を潰してしまう危険性があります。
ある程度の成猫になっていれば、上手く回避してくれたりして、完全に潰してしまうことも少ないと思いますが、子猫の場合には注意が必要です。
子猫ほど、飼い主さんと一緒に寝たがることも多いですが、あまりにも体が小さい時には、安全面を考えて、別々に寝た方がいいかもしれませんね。
その時には、子猫から飼い主さんが見えるような位置に寝床を作ってあげると、一緒に寝ていなくても安心してくれるでしょう。

また、飼い猫のノミやダニなど、寄生虫の駆除を徹底することも必要です。
特に、自由に外にお散歩に出ることが多い猫の場合には、完全室内飼いの時よりも、リスクが高くなるでしょう。
ノミやダニなどに寄生された猫と一緒に寝てしまうと、そのまま寝具で繁殖してしまう可能性もあり、飼い主さん自身にも感染してしまうことも考えられます!
他にも、一緒に寝たら必ず感染するという訳ではありませんが、パスツレラ感染症や、猫ひっかき病などの人獣共通感染症になってしまう可能性もあるそうです。
人獣共通感染症の原因は、猫の体液が寝具などに落ちて、知らないうちに吸い込んでしまうことだそうですよ。
寝ている間に猫に不快なことをしてしまい、引っかかれたり、噛まれたりして感染することもあるので、寝相に気をつけて、猫の爪を切って傷が深くならないよう対処しましょう。

喘息やアレルギーを持っている人は、症状が悪化してしまう可能性もあるので、注意してくださいね。
今、特に症状がない人でも、毎日猫と一緒に寝ていることで、アレルゲンが体の中に蓄積されてしまい、急に発症することもあります。
できるだけ抜け毛などが寝具に残らないよう、掃除は大切ですね。

さいごに

猫がベッドで一緒に寝る理由や一緒に寝てくれる人、寝る時の注意点についてご紹介しました。

飼い猫が緒に寝てくれなくても、猫によっては、飼い主さんの姿が見れたり、ただ側にいるだけで安心できると感じていることもあります。
飼い主さんとの信頼関係がある猫が全て、一緒に寝てくれるという訳でもないので、悲観することもないでしょう。
寝る時は別々でも、起きている時に沢山コミュニケーションをとって、信頼関係と愛情を築いていってくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました