子犬が猫にちょっかいをかける理由は?仲良くさせる方法と注意点は?

成猫
スポンサーリンク

子犬が猫にちょっかいをかけることが多く、猫が迷惑がっている時には、仲が悪いのかな?と心配になることもありますよね。
ですが、子犬にとっては、ちょっかいをかける行動は、悪気があってしているわけではないようです!
子犬と猫を仲良くさせる方法や、子犬と猫を一緒に飼う時の注意点も併せてご紹介します。

大人の猫に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子犬が猫にちょっかいをかける理由は?

子犬が猫にちょっかいをかけるのは、猫に対して興味があったり、猫と一緒に遊びたいという気持ちで、コミュニケーションを取ろうとしている可能性があります。
子犬の場合には、好奇心も旺盛なので、猫にちょっかいをかけることも多いかもしれませんね!
ただ、子犬といっても、猫よりも体格がいい場合もあるので、猫がちょっかいをかけられた事にビックリしてしまい、子犬に攻撃してしまうこともあるでしょう。
しばらく経って、何事もなかったかのように、子犬と猫が一緒の空間にいる時には心配ないですが、猫が子犬と異常に距離を取っている事が多い時には、相性が悪いことも考えられます。
そんな状況が長く続くと、子犬も猫も、ストレスを感じてしまう可能性があるので、場合によっては、生活空間を分けるなど、お互いが安心して暮らせるようにしてあげることも必要でしょう。

子犬と猫を仲良くさせる方法

子犬と猫を仲良くさせるためには、無理に仲良くさせようとせず、お互いのタイミングで距離を詰めてもらうようにすることが大切です。
ただ、ちょっかいをかけたり、反撃したりを繰り返しているうちに、思わぬケガに繋がることもあるので、子犬も猫も、爪切りなどの手入れは定期的にしておいてくださいね。
また、お互いに、ちょっかいや攻撃をされて不快に感じた時に、逃げられるような場所も必要です。
例えば、猫の場合には、子犬が登ってこれない、キャットタワーのような高い場所がいいですね。
子犬の場合には、子犬専用のケージがあれば、子犬が中に逃げ込めば、猫は中に入ってまで追ってこない可能性もあります。

基本的に、群れで暮らす犬と、単独行動が多い猫なので、いつもべったりくっついているというよりは、干渉しなくて済む関係性が理想なんだそうです。
子犬と猫が、お互いに受け入れて慣れるまで、時間はかかってしまうかもしれませんが、できるだけ人間は手を出さずに、見守っていきたいですね。

スポンサーリンク

子犬と猫を一緒に飼う時の注意点は?

子犬も猫も、自分のテリトリーを大切にしているので、トイレやご飯の場所など、それぞれの居場所は必ず分けるようにするといいでしょう。
特に、ご飯は、犬と猫では栄養成分が違うので、間違って食べてしまうと、健康に影響が出てしまう可能性があります!
一緒に並んで食べている姿は可愛いですが、早く食べ終わった方が、残っているご飯を横取りしてしまう心配もあるので、できるだけ離すようにするとよさそうです。
また、ご飯をあげる時間をずらしておくと、子犬も猫も、お互いのご飯に興味を持たなくなるので、誤食を防げるそうですよ。

他にも、犬は夜に寝ますが、猫は夜行性なので、生活習慣の違いが発生して、犬がしっかり眠れず、ストレスを感じることもあるかもしれません。
猫が夜に行動する範囲の近くに、子犬の寝床を置かないようにするなど、対策が必要になってきますね。
夜行性の猫も、昼間たくさん遊ばせるようにしたり、飼い主さんが寝る前、少しだけでも遊ぶと、夜に寝てくれるようになるので、試してみてはいかがでしょうか?

さいごに

子犬が猫にちょっかいをかける理由や仲良くさせる方法、子犬と猫を一緒に飼う時の注意点についてご紹介しました。

子犬的には、猫と一緒に遊びたくてちょっかいを出していても、猫にとっては、攻撃されたと思い、不快に感じていることもあるかもしれませんね。
安心して逃げる場所があれば、少しづつ慣れてきますが、本気の喧嘩をしたり、強いストレスがかかっている時には、お互い会わないよう、お世話することが必要になってくるでしょう。
飼い主さんとしては、一緒に暮らすために、子犬と猫は仲良くしてほしいという気持ちが強いとは思います。
ですが、人間が手を出すよりも、お互いのタイミングが大切なので、子犬と猫が暮らしやすい環境を整えながら、ゆっくり見守ってあげましょうね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました