https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

しつけ

スポンサーリンク
成猫

猫が部屋を荒らすときの対処法は?原因と荒らさせないためのしつけ方法は?

我が家は猫6匹と生活をしています。 今はそうでもないのですが、やはり6匹いると破壊力が違います。 特に子猫の頃が部屋の荒らされ方が本当にすごかったです。 荒らされないように工夫したこともありますので、今回は実体験も含めて書いていきたいと思います。 個人的には男の子のほうが若干おっとりとしてる感じがします。 女の子の方が性格がきつい気がします。
成猫

猫が玄関の脱走を防止するしつけ方は?NGな事と脱走してしまった時は?

みなさんの猫は脱走したことはありますか? いつも今か今かと玄関が開くのを待っている子や、 開いた窓から飛び出してしまう子も思いのほか多くいると思います。 脱走なんてされてしまうと飼い主は生きた心地がしませんよね。 できることなら猫がずっと家の中にいてくれるようにしたいです。 では実際に猫が脱走しないようにしつけることはできるのでしょうか? また脱走してしまった時はどのように対応するのがいいのでしょう? それらの不安や疑問についてお話していきたいと思います!
成猫

猫のしつけはいつから始める?保護猫の場合とどこから始める?

猫は、自由気ままな性格がいいところではありますが、一緒に生活していくためには、ある程度のしつけは必要になってきますよね。 猫のしつけはいつから始めるのがいいのでしょうか? また野良猫を保護した時のしつけについても調べてみました。
スポンサーリンク
成猫

猫のしつけにアルミホイルは効果的なの?効果的な使い方と注意点は?

猫は、家具の隙間に入り込んだり、色々なところに飛び乗ったり、爪をといだり…など、猫にとっては自然な行動でも、飼い主さんにとっては困ってしまいますよね。 猫のしつけ方法には、色々なものを活用しますが、アルミホイルが効果的という話があるそうです! 猫のしつけにアルミホイルを使う時には、どのように使えばいいのでしょうか? 注意点についても調べてみました。
成猫

猫のしつけで正しい怒り方は?たたく影響と危険性は?

猫は、野生時代から単独行動の動物なので、犬のように従順というわけにはいきませんよね。 そんな、自由気ままな性格が魅力ではありますが、時にはちょっと迷惑に感じてしまうこともあるでしょう。 猫のいたずらに感情的になってしまい、つい、手が出てしまったという飼い主さんもいるかもしれませんね。 ですが、たたくことは、猫と飼い主さんとの信頼関係にヒビが入ってしまう可能性があります! 猫のしつけをする時に、正しい怒り方はどのようなものなのでしょうか? 猫をたたいてしまった時の影響と、危険性についてもご紹介します。
成猫

猫のしつけに大きな音はいいの?気を付けるポイントと注意点は?

猫のしつけ方を見ていると、「大きな音で」という話がよく出てきますよね。 猫に大きな音がいいと言われているのは、どうしてなのでしょうか? また、試してみる時には、ただ単に、大きな音を立てればいいということではないようです。 大きな音を立てる時の気をつけるポイントや、注意点についても調べてみました。
老猫

老猫が粗相をしちゃう時の対策は?原因とトイレはどうすればいい?

老猫の粗相が続くと、臭いやシミなど、飼い主さんも困ってしまいますよね。 「老猫だからしょうがない」とは思ってみても、何かいい対策方法はないのでしょうか? 老猫が粗相をしてしまう原因や、トイレについてもご紹介します!
子猫

子猫に首輪はいつからした方が良い?安全な付け方と引っかかる場合は?

猫に首輪をすることで飼い猫の印にもなり、迷い猫になった時、家に帰ってくる可能性も高くなると言います。 子猫に首輪を付けたいと考えている場合には、いつからつけても大丈夫なのでしょうか? また、せっかく子猫の首輪を選んでも、思わぬ事故に繋が...
子猫

子猫にマタタビはいつから与えていいの?注意点とあげる頻度は?

食欲増進やしつけの時など、マタタビを使用する飼い主さんも多いでしょう。 “猫とマタタビ”は有名な組み合わせですが、与える年齢や与え方を間違えると、危険な場合もあるようです! 子猫にマタタビを与えたい場合、いつから与えてもいいのでしょうか...
子猫

子猫の威嚇はいつまで続く?しつけと懐かせる方法はどうやるの?

子猫に威嚇されながらお世話をするのは、少し不満を感じたり、困ったりすることもあるかもしれませんね。 ですが、不満や困っているのは飼い主さんだけではなく、子猫も同じような感情で威嚇している可能性があります! 威嚇を無理やり止めさせようとす...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました