子猫のトイレのしつけはいつから?遊んじゃう時やおからを食べても?

子猫
スポンサーリンク

生まれて間もない子猫は自分で排泄することが難しいので、母猫や飼い主が面倒を見てあげます。

成長すれば当然、自分で排泄するようになりますが、覚えさせるタイミングはいつがいいのでしょうか?

せっかくトイレの場所を覚えても、砂で遊んでしまったり、中には食べてしまう子猫もいるようです!

おからは元は食品ではありますが、気になっちゃいますよね。

では早速見て見ましょ?(/・ω・)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子猫のトイレのしつけはいつから?

トイレのしつけを始めるなら、子猫の目が見え始める3週間?1ヶ月頃がいいでしょう。

猫はもともと、砂の上に排泄することを本能的にわかっているので、比較的しつけは簡単です。

ですが、ただ用意しただけでは当然、覚えてはくれないので、飼い主が子猫のものだということを教えてあげる必要があります。

子猫がモゾモゾしたり、砂を掻くようなしぐさを見せた時にはトイレに行きたい時なので、抱っこしてトイレまで連れていきます。

この時、飼い主が慌てると猫がビックリしてしまうので、ゆっくり動くように気を付けましょう!

何度か繰り返していると、知らず知らずのうちに覚えてくれますよ。

猫は、起きてすぐや、ご飯の後にも排泄をすることも多いようです。

子猫をよく観察して、トイレサインを見逃さないようにすることも大事ですね!

もし、子猫が他の場所で排泄してしまっても、怒らないように注意しましょう。

大きな声で怒られたり、無理やりトイレに連れて行くなどすると、子猫が怖がって逆効果になってしまいます。

ストレスを感じて、体調にも影響してしまうので、気長に見守ってあげることも大切です。

トイレを覚えてくれない場合、トイレの置く場所を変えるといいかもしれません。

猫は、静かで安心できる場所を好みます。

ご飯の場所と近いと、トイレを使ってくれないこともあるようです。

トイレの掃除もこまめにして、環境を整えてあげるといいでしょう。

子猫がトイレの砂で遊んじゃう時

子猫は好奇心旺盛なので、なんでも遊びものにしてしまいます。

ですが、猫砂は掃除が大変なので、できれば止めてほしいですよね。

猫砂で遊んでしまう場合、もしかしたら猫砂が大きく、転がしやすいのかもしれません。

トイレ自体が小さい場合も、猫砂が外に出やすく、遊んでしまうようです。

トイレのふちを少し高いものに変えたり、猫砂を粒の小さいものに変えてみるといいでしょう。


子猫がトイレのおからを食べても大丈夫?

子猫が、おから砂を食べているところを目撃したらショックですよね。

何かのきっかけで、おから砂の臭いを嗅いだ時に、食べ物の匂いがして口にしてしまうことが多いようです。

他の砂に比べると、食品由来ではありますが、砂に加工させる際に防カビ剤や防腐剤などが混入されています。

おからといっても、安心はできませんね。

砂を食べてしまう理由には、与えられているエサが少ないなど、子猫が空腹な場合もあるようです。

成長期の子猫は、消費されるエネルギーが多いので、通常のエサの量では足りない場合があります。

空腹で砂を食べているようだったら、エサの量を増やしたり、おやつをあげるなどの対策をとるといいでしょう。

一度おから砂を食べることを覚えてしまったら、止めさせることは難しいかもしれません。

スポンサーリンク

トイレ砂をおからではないものに変えるか、ペットシーツを試すこともオススメします。

ただ、鉱物タイプのものは、安全性があまりよくないようです。

砂を変える時や猫が砂を掻くときに粉が舞うのですが、吸い込んでしまうと、気管支炎や肺結核を引き起こすと言われています。

それに、子猫が砂を食べてしまうと、腸で水分を吸収して膨らんで詰まったり、脱水症状に陥る危険性もあるので、避けましょう。

シリカゲル性も、食べてしまった場合、詰まって排せつできない恐れがあるのでおススメできません。

何を試しても子猫が砂を食べてしまう場合は、何か他の問題が隠れている場合もあるので、獣医師さんに相談してもいいかもしれませんね。

●まとめ

どうでしたか?

子猫がきちんとトイレを自分の物だと認識してくれるまでは、飼い主が見てあげる必要があるので少し大変かもしれません。

粗相をしても怒らずに、根気よく繰り返すことで、やがて理解してくれるでしょう。

フワフワした布団などは、猫が粗相をしやすいようなので、トイレのしつけが終わるまでは、どこかに閉まっておくことをオススメします!

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました