老猫との引っ越しの準備は?ストレスの解消方法と注意点は?

老猫
スポンサーリンク

環境の変化が苦手な猫は、引っ越しがストレスになるという話は有名ですよね。
ストレスを抱えることは、猫にとっても悪いことで、特に、体調を崩しやすくなっている老猫は、注意が必要になります!
飼い猫のこと考えると、できれば避けたい飼い主さんも多いと思いますが、どうしても引っ越ししなくてはいけない状況もあるでしょう。
老猫を連れて引っ越しをする時の準備や、ストレス解消法、引っ越しをする時の注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

老猫との引っ越しの準備は?

猫によっては、引っ越しのために荷造りをするなど、部屋の様子がいつもと変わっていたり、飼い主さんが慌ただしくしていることに不安を感じることもあるそうです。
なので、猫がいつもいる部屋は、引っ越し当日に荷造りをするなど、できるだけ変化を感じ取らせないことが大切になりますね。
飼い主さん自身も、色々と準備があって大変だとは思いますが、猫とのコミュニケーションの時間は、いつも通りとることをオススメします。

また、引っ越しには、業者やお手伝いの友人・家族など、沢山の人が出入りすることも、猫にとってはストレスになるので、当日、猫をどこに避難させておくかの場所決めも大事です。
どこかの部屋を猫部屋にするか、お風呂場に猫を入れ、トイレやご飯、お水、寝床などの一式を置いて、落ち着くまで、そこにいてもらうといいでしょう。
他の人が間違って開けてしまわないよう、ドアに、「猫がいるので開けないでください」などの張り紙をしておくと安心ですね。

老猫の引っ越しのストレス解消法

老猫が引っ越しでストレスを感じても、信頼している飼い主さんが側にいれば、知らない場所にきて、緊張した気持ちも和らいでくるでしょう。
新居につくと、早く荷解きを終わらせなきゃという気持ちもありますが、飼い主さんがバタバタした様子だと、猫の方も落ち着けなくなってしまいます。
1日のうちに荷解きをする時間を決めて、それ以外は、猫とゆっくり過ごす時間をつくるようにすると、徐々にストレスも軽減してくると思いますよ。

ストレスを抱えた猫は、物陰に隠れる事も多いのですが、無理に引きずり出さずに、見守ってあげてくださいね。
その場合には、近くにトイレやご飯、お水などの必要な物を用意して、猫が安心できるように優しく話しかけたり、名前を呼んであげるといいでしょう。
猫は、自分のニオイでテリトリーを判断すると言われているので、猫がいつもいる場所に、今まで使っていたものを置いてあげるのもよさそうです。

ストレスは、免疫力が弱って病気にかかりやすくなったり、体調不良を起こす原因にもなります。
元から、免疫力や体力の弱っている老猫は、より、注意が必要になりますね。
引っ越してから、食欲不振や下痢、便秘などの症状が気になる場合には、獣医師さんに相談してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

老猫の引っ越しをする注意点は?

老猫が、引っ越しでストレスを感じないよう、今まで使っていたものは、処分しない方がいいそうです。
また、新居でも、できるだけ前住んでいた部屋と同じような家具の配置にすることも、大事になります。
飼い主さんとしては、引っ越しをして、心機一転で模様替えをしたいところだと思いますが、猫がきちんと新居に慣れるまでは、やめておいた方がよさそうです。

他にも、引っ越しのときには、荷物の出し入れなどで、玄関や窓を開けっぱなしにすることも多いので、脱走にも注意が必要になりますね。
若い猫と比べると、老猫はあまり俊敏な動きはしなくなりますが、いつもと違う環境で、沢山の知らない人がいる状況だと、ビックリして逃げ出すことも考えられます。
外に出ていかないように、部屋や浴室、ゲージなどに入れて、他の人にも注意してもらう様にしましょう。

新居への移動は、距離にもよりますが、時々休憩を挟んであげると、猫の負担も少なくなると思います。
引っ越し先で体調不良が起こっても、すぐ診てもらえるように、動物病院の場所を調べておくことも忘れずに!
今までのかかりつけの病院に挨拶に行ったときに、病歴や予防接種の記録も貰っておくと、新しい病院でも、今後の診察がスムーズになるでしょう。

さいごに

老猫との引っ越しの準備やストレスの解消法、引っ越しをする時の注意点についてご紹介しました。

引っ越しの時には、猫の物は最後に荷造りをして、新居についたら、最初に荷解きできるようにしておくといいそうですよ。
猫のトイレには、猫が排泄した時の砂を一緒に混ぜてあげると、ニオイで判断して、安心して使用してくれると言われています。
老猫を連れた引っ越しは、心配事も多いかもしれませんが、変わらない愛情で接してあげれば、時間がかかっても、新しい環境に徐々に慣れてくれるでしょう。
猫の体調不良には気をつけて、見守ってあげたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました