老猫がトイレからはみ出す時の対処法は?原因とトイレの選び方は?

老猫
スポンサーリンク

我が家では現在猫ちゃん3匹と生活をしていますが、その前は24歳で天寿を全うした猫ちゃんと生活をしていました。
割と最後まで大きな病気になることもなく、そんなに大変ではなかったのですが最後の方になるとトイレの粗相がやはり何度かありました。
猫ちゃんも年を取ってしまうと体力が低下したり、内臓が弱っていくことでトイレの粗相が増えてしまいます。
やはり若いころとは違いますので、飼い主さんも老猫に合わせて考えを変えていかなければなりません。
基本的には猫ちゃんの老化は7歳くらいからと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

老猫がトイレからはみ出す時の対処法は?

猫ちゃんがトイレからはみ出してしまう時は、トイレ周りにペットシーツなどを敷き、汚れたら取り換えるスタイルが一番飼い主さんもストレスが溜まらないでしょう。
新聞などでも代用できますので、トイレの周りに敷き詰めておきます。
体力を衰えさせないためにも猫ちゃんに動ける時は動いてもらい、なるべくトイレで用を足してもらいます。少しでも運動をしてもらいます。
どうしても動けなくなったら、ペット用オムツもありますがなるべく猫ちゃんには動いてもらいましょう。
またトイレの中で方向転換がしやすいように大きめのトイレを用意します。小さいと方向転換が上手くできなくて、はみ出してしまう事もあります。

老猫がトイレをはみ出す原因

今まで出来ていたことが出来なくなるのは、飼い主さんも辛いかと思います。
原因は大きく4つ考えられます。
○トイレに間に合わない
年を取ると内臓が弱ってしまうので、トイレに行きたいと思い行動を開始しても間に合わずに漏らしてしまうことがあります。また体力が落ち、トイレの縁を乗り越えるのが大変になり間に合わないことも考えられます。
○トイレが汚い
年齢関係なく、猫ちゃんはキレイ好きな動物ですのでトイレはいつも清潔にしておきましょう。
○トイレの場所が分からない
人間だけでなく猫ちゃんも認知症になります。トイレの場所が分からずに漏らしてしまう事があります。
この場合はトイレを工夫しても効果がないためにオムツを検討した方がいいでしょう。
○泌尿器科系の病気にかかっている
病気のためにトイレに間に合わないことも考えられます。
自己判断をせずに動物病院で診察をしてもらった方がいいでしょう。

スポンサーリンク


老猫がトイレからはみ出す時のトイレの選び方は?

老猫になると体力が低下するためにトイレの縁を乗り越えられなくなる場合があります。
そんな時はトイレにスロープや階段を設置すると良いでしょう。
トイレは大きいものを選びましょう。
トイレの中で猫ちゃんは方向転換をしてポジションを決めます。トイレが小さいと方向転換が上手にできなくて、はみ出してしまう事があります。
また今は縁の浅いトイレも販売されていますので、ペットショップなどで店員さんに相談してみましょう。

さいごに

猫ちゃんの老化は早ければ7歳から始まると言われています。
8歳以上になると毎年健康診断を受診した方が安心です。
猫ちゃんの平均寿命は15歳と言われていますが、現在は20歳を超える猫ちゃんも沢山います。
ペットフードや予防接種・医療の発達などで猫ちゃんも寿命が伸びてきています。
最後まで楽しい猫ちゃん生活を送ってくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました