老猫の目が赤くなる原因は?病気と対処法はどうすればいいの?

老猫
スポンサーリンク

猫の目がいつもと違い、赤くなっている時には、様々な原因が考えられます。
目が赤くなる原因には病気が隠れている場合もあり、そのまま放置していると危険な事もあるようです!
猫の目が赤くなっている時の対処法も併せてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

老猫の目が赤くなる原因は?

老猫の目が赤くなっている時には、目の中にゴミやホコリなどの異物が入ってしまった場合や、ウイルスや細菌感染が疑われるでしょう!
また、目の乾燥によって、目の表面が傷ついてしまい、充血している事もあります。
猫が目を気にして足で頻繁に掻いたり、壁や床にこすりつけている場合、目の炎症が酷くなり、二次感染を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

一般的に、片目が赤い場合にはゴミなどの物理的な原因、両目の場合にはウイルスの可能性が高いと言われています。
ですが、発症時期が遅れていたり、片目でもウイルス感染の場合もあるので、自己判断はせずに、獣医師に診断してもらうと安心でしょう!

老猫の目が赤くなる病気

老猫の目が赤くなっている原因が病気の場合には、以下のものが考えられるでしょう。

*結膜炎
猫の目の病気の中で、1番多いと言われています。
結膜炎は、ウイルスや細菌感染、ゴミやホコリなどの異物、目に傷がつく、アレルギーなどが原因で発症するようです。
目の周りが赤く縁どられたようになり、腫れや目やに、涙目などの症状があります。
中には、鼻水や発熱など、風邪のような症状が出る場合もあるようです!

*ぶどう膜炎(眼内炎)
ぶどう膜とは、目の中にある、虹彩・毛様体・脈絡膜の総称で、この部分に炎症が起こった状態を、ぶどう膜炎と言います。
原因には、ぶどう膜そのものが炎症している場合や、他の目の病気、外傷、ウイルス、細菌感染、腫瘍が考えられるでしょう。
症状は、目が赤くなる他、瞳孔が小さくなっている、眼をしょぼしょぼして眩しそうなしぐさをするなどです。
重症化すると、目が白く濁ったり、網膜剥離を引き起こす危険もあると言われています!

*緑内障
眼球の眼圧の上昇が原因で起こり、6歳以上の猫に多い病気のようです。
緑内障には、もともとの目の構造自体が原因の“原発性”と、主にウイルス感染が原因の“続発性”、遺伝による“先天性”に分けられます。
目の充血、瞳孔が開きっぱなし、涙が多くなる、目の痛みなどの症状があるでしょう。

*全房出血
角膜と虹彩の間に起こる出血で、ぶどう膜炎や緑内障が原因の場合が多いと言われています。
また、老猫に多い高血圧やリンパ腫、外傷などの原因も考えられるでしょう!
全房出血の発症直後には、目の中全体が真っ赤になりますが、次第に血が下がって、目の奥も見えるようになります。
通常は、痛みなどは少ないですが、他の病気が原因の場合には、酷い痛みがあるようです。

スポンサーリンク

このような目の病気は、放っておくと失明してしまう危険性もあると言われています!
特に、老猫は免疫力も弱くなっているので、何度も繰り返してしまったり、他の病気を引き起してしまうことも考えられるでしょう。


老猫の目が赤くなった時の対処法は?

老猫の目が赤いと気が付いた時に、できるだけ早く獣医師さんに診てもらう事をオススメします!
どうしても、すぐに動物病院へ連れて行けない場合には、猫が目を傷つけて炎症が酷くならないような対策が必要です。
猫が目を掻かないように、保護するためのエリザベスカラーを付けておくと良いでしょう。
わざわざ市販品を購入しなくても、子供用のシャンプーハットなどを使って、簡易のエリザベスカラーを作れます!

目やにや涙が出ている場合には、そのままにしておくと皮膚がただれるなど、皮膚炎が起こる場合もあるようです。
コットンやガーゼをぬるま湯などで湿らせて優しく取り除くと良いでしょう。
ただ、目の炎症が酷い時や猫が嫌がる時には、無理に取ると、余計に悪くなってしまうことも考えられます!

目が赤い原因が感染症の場合、他の猫にもうつってしまうこともあるので、多頭飼いの場合には、隔離することも大切です。

さいごに

老猫目が赤くなる原因や病気、対処法をご紹介しました!
老猫になると、免疫の低下などで、様々な病気にかかりやすくなると言われています。
猫が目を傷つけないために、注意深く観察したり、保護することも大切です。
失明などの危険を回避するためには、早めに動物病院で治療をしてもらうと良いでしょう!

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました