猫が布団で寝てる時だけ足を噛む時の対処法は?原因と予防法は?

猫 寝てる時 足噛む 成猫
スポンサーリンク

普段はあまり噛んでこないのに、布団で寝ている時だけを狙ったように猫が噛んでくると、何かしたかな?と、不思議な気持ちになりますよね。
寝ている時に噛まれると、身構えていない分、痛いやらビックリするやらで、飼い主さんも困ってしまうと思います。
猫が布団で寝てる時だけ足を噛む時には、どんな対策をするといいのでしょうか?
原因や予防法についても調べてみました。

成猫に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

●猫が布団で寝てる時だけ足を噛む時の対処法は?

猫に足を噛まれた時には、大げさに「痛い!」など、ちょっと大きい声を出して、猫をビックリさせることを繰り返していると、噛むことを止めてくれるそうです。
他にも、低い声で、「コラ」など、短い言葉を使って叱るようにすることもいいですよ。
ただ、噛まれた時の行動や言葉は、毎回統一しておかないと、猫も何に対して叱られているのかわからなくなってしまうので、注意しましょう。
丁度寝入っている最中に噛まれると、いちいち猫に対して叱ったりするのは大変かもしれませんが、猫に嫌だということをわかってもらうために、意識してみてくださいね。
また、猫が噛みついてくるのは、飼い主さんが反応してくれることが嬉しいということも関係してくるので、できるだけ反応しないことも大事な場合があります。
色々と対処をしても、猫が噛んできてストレスを感じるという時には、最終手段として、猫と一緒に寝ないという選択も、頭に入れておいた方がいいかもしれませんね。

●猫が布団で寝てる時だけ足を噛む原因

猫が寝ている時だけ噛んでくるのは、寝返りなどで動く足が面白くて、じゃれついている可能性が高いそうです。
寒い時期など、寝る時にフワフワした靴下などを履いている場合には、特に、猫が反応しやすいんだそうですよ。
また、足を噛むことで、お腹空いた、遊びたいなどの要求を飼い主さんに伝えていることも考えられます。
足を噛んで、飼い主さんが何かしらリアクションを取るのも、猫にとっては嬉しいので、足を動かしたり、起きてあげたりしていると、噛み癖がついてくるのかもしれませんね。
他にも、寝ている間に、体勢を変えるためなどで、誤って猫を軽く蹴ったり、尻尾などを踏んでしまっていると、「やめて」という意味で、噛まれることもあります。
猫が足を噛んでくる原因には、状況によって色々なので、飼い猫がどんな気持ちで噛んでくるのか判断して、対策・予防してみてくださいね!

スポンサーリンク

●猫が布団で寝てる時だけ足を噛む時の予防法は?

猫が遊びたくて足を噛んでくるのであれば、寝る前にたくさん遊んで、猫を満足させて疲れた状態にしてから寝ると、噛まれることが少なくなるそうです。
また、寝ている間に、猫がお腹が空いて飼い主さんを噛んでくる場合には、置き餌を用意したり、自動給餌器を利用するのもいいでしょう。
基本的に、猫は夜に活動的になることが多いのですが、遊んで疲れさせたり、ご飯をあげることで、ぐっすり寝てくれるようになると言われています。
置き餌など、余分にご飯を用意しておくことで、夜中の他、朝方も猫に起こされることを防ぐ役割もあるので、オススメです。
先ほどもお話ししたように、噛まれてからご飯をあげるなどの行動をしてしまうと、猫が学習してしまい、余計に噛んでくる原因になってしまうので、注意しましょう。

●まとめ

猫が布団で寝てる時だけ足を噛む時の対策や原因、予防法についてご紹介しました。

猫が足を噛む時に、ゴロゴロと喉を鳴らしている時には、布団が温かくて心地よかったり、飼い主さんの匂いで安心して、幸せな気持ちが抑えられずに噛んでいることもあります。
早いうちから親や兄弟と離れた猫は、噛む時の力加減が分からずに、例え甘噛みだったとしても、強めに噛んでしまうことも多いんだそうです。
猫同士では、噛まれた時に大きい声で鳴くと、それ以上強く噛まないで!という合図なので、飼い主さんが大げさにリアクションして、猫にわかってもらえるように頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました