猫が好むベッドの選び方はある?大きさと置き場所はどこがいい?

成猫
スポンサーリンク

オープンタイプや屋根付き、ハンモックタイプなど、最近の猫ベットは種類も多くて迷ってしまいますよね。
猫は、意外とこだわりがあるので、見た目重視など、飼い主さんの好みだけで決めてしまうと、結局使ってくれない事も多いです!
猫が好むベッドの選び方の基準は何でしょうか?
猫ベッドの大きさや置き場所についてもご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫が好むベッドの選び方は?

一般的に、猫はフリース素材などでできているような、フワフワした触り心地のものが好きです。
ベッド全体がフワフワしていなくても、猫が寝る場所が柔らかい手触りになっているのであれば、大丈夫でしょう。
段ボールに入るのが好きな猫の場合には、厚紙性の猫ベッドもいいですよ。
飼い猫の好みによって、自宅にある使わない毛布や、飼い主さんの洋服を、中に敷いてあげてもよさそうですね!
ただ、夏場の暑い時期になってくると、フワフワしたものよりも、ヒンヤリした感触を好む場合もあります。
季節によって使い分けるのもいいですが、通年使えるような、通気性のいい猫ベッドがあると、いちいち出し入れしなくて済むので便利です。

また、屋根付きの猫ベッドは、周りから隠れることができて安心するようですが、猫によっても好みが変わってきます。
出入り口の穴の形や、出入りの場所が上から・横からなど、苦手という場合もあるので、普段の猫の行動を観察して決めることがオススメです。

猫ベッドは、寝る時はもちろん、飼い猫にとってリラックスできる場所になって欲しいですよね。
飼い猫が気に入るかどうかは、実際に購入して、猫に見せてみないとわからないところではありますが、飼い猫の好みを考慮して、選んでみてくださいね。
猫ベッドをいつも使ってくれるようになると、抜け毛がついたり、汚れも目立ってくると思うので、掃除のしやすさも大事になります。
水洗いOKだったり、クッションなどが取り外ししやすいものだといいですね。

猫が好むベッドの大きさ

猫は、自分の体がすっぽり収まるくらいの大きさを好むので、サイズが大きい物よりは、ちょっと小さめを選ぶとよさそうです。
ただ、猫の好みや、普段の寝方によっても変わってくるので、飼い猫がどんな大きさを好んで、どの体制で寝ていることが多いのか確認してみるといいですね。

いくらサイズは小さめが好きだとは言っても、体があまりにもはみ出してしまうと、猫自身も寝づらく感じてしまうこともあると思います。
特に、よくお腹を上にして寝ている猫の場合には、猫ベッドで寝ていても、バランスの取れるサイズ感がいいでしょう。

スポンサーリンク

猫が好むベッドの置き場所は?

猫は、自分で快適な場所を探しているので、普段、飼い猫が寝ていることの多い場所にベッドを置いてあげるといいでしょう。
例えば、風通しのいい場所や、日なたが当たって暖かい場所、暑い季節には、日陰でヒンヤリした場所なんかがよさそうですね。
また、飼い主さんのことが大好きな猫の場合には、いつでも飼い主さんのことを見られるような場所に、ベッドを置いてあげるのもオススメです!
他にも、外を見るのが好きな猫の場合は、窓際に置いてあげたり、高い所で寝るのが好きな時には、棚やキャットタワーなどの上に、スペースを作ってあげてもいいでしょう。
ただ、高い所に猫ベッドを置く時には、安定性や安全面に注意して、猫が怪我をしないよう気をつけてくださいね。

さいごに

猫が好むベッドの選び方や大きさ、置き場所についてご紹介しました。

猫ベッドは、値段で選ぶというよりも、飼い猫が好む素材か?形か?というところが大切になってくるでしょう。
値段が高い物を選べば、確かにいい素材のことが多いですが、飼い猫が気に入ってくれなければ、無駄になってしまいます。
ただ、最初は猫ベッドを使ってくれなくても、忘れたころに使い始めるということもあるそうですよ。
購入してすぐは、知らないニオイが付いていますが、部屋にずっと置いてあることで、元のニオイが軽減されて、警戒心がなくなるのかもしれません。
猫によっても好みが様々なので、ピッタリのものを見つけ出すのは難しいかもしれませんが、普段の飼い猫の様子で判断してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました