猫への愛情の伝え方は?伝えるときの注意点と間違った伝え方は?

成猫
スポンサーリンク

ふと愛猫を眺めていると「どうしてこんなに可愛いの!」
なんて思ってしまうことは多いんじゃないでしょうか?
どうすればこの愛情が猫に伝わるんだろう、
と考えたことも1度や2度ではないと思います。
実際のところどうすれば猫に愛情が伝わるんでしょうか?
毎日自分に癒やしを与えてくれる猫たちに感謝の気持ちも込めて
自分が猫をどれだけ愛しているか伝えてあげたいですよね。
そこで今回は愛猫への愛情の伝え方について、
その伝え方や間違った方法などをご紹介したいと思います。

大人の猫に関する色々なことをまとめてます( ?? ω ?? )?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫への愛情の伝え方は?

さっそくですが猫への愛情の伝え方は1つじゃありません!
猫が親愛の情を示してくれる行動が1つじゃないのと同様に、
こちらが示す方法もたくさんありますので
いろいろな方法で猫にアプローチしてあげましょう!

●たくさん遊ぶ
老猫は遊ぶのも辛い身体ですが子猫や成猫になりたてだと
遊ぶのが大好きな子がほとんどです!
猫の運動不足やストレス解消になるだけではなく
遊ぶことでも愛情を伝えることができます。
人間の子供だってたくさん遊んでくれる人が好きですよね。
それと同じように考えましょう!

●たくさん話しかける
話しかけたって意味は伝わらないでしょう!
そんな風に思った方も多いかもしれませんが、
意味は伝わらなくても言葉を発しているときの雰囲気は読み取れます。
猫は人の感情変化にとても敏感な生き物であり、
今どんな風に自分のことを思ってくれているのか察知できるんです。
猫に話しかけるときは自然と優しい言葉になる方も多いと思うので、
そうして話しかけることで猫に愛情を伝えることができます。

●ゆっくりまばたきをする
猫と目があったときはゆっくりとまばたきをしましょう。
猫の世界では目が合うとケンカ勃発の危機ですが、
相手に対してのまばたきは友好的・親愛の情を示す行動になります。

スポンサーリンク

●匂いを嗅がせる
猫は人を体臭で判断していることが多いです。
猫にとって匂いはいろいろな情報を読み取れるパーツなので
とても重要でありそれを嗅がせてくれるのは友好的であると言えます。
人で言うところの自分のことを
なんでもオープンに語ってくれるような感覚ですね。
これも愛情を示すことができるので積極的に嗅がせてあげましょう。

猫への愛情を伝えるときの注意点

いかなる場合もですが猫が乗り気じゃないときはやめましょう。
猫はとてもマイペースな生き物なので基本的に
自分の好きなようにしたいと思っていることが多いです。
例えば猫が寝ているときに話しかけてもうるさいと思われますし、
猫が寝起きだったり毛づくろいしてるときに
遊びに誘ったり匂いを嗅がせるのは猫にとって嬉しいとは言えません。
猫の様子を見つつ愛情を伝えるようにするのが大切です!

猫への間違った愛情の伝え方は?

猫とスキンシップを取るのは言うまでもないほどに
愛情表現として最大のものでありますが、
過度なスキンシップはむしろ逆効果になります。
飼い主に撫でられたり抱っこされるのが好きな猫は多いです。
ただ猫は気分もかわりやすく飽き性でもあるので
いつまでも抱っこされたり撫でられるのは
めんどくさい・鬱陶しいと思ってしまう生き物ですし、
それが続けば嫌がらせをされている感覚になることも!
愛情を伝えているつもりが嫌がらせに思われるなんて
とっても悲しいことなので、スキンシップは
猫がとりたがっているときにとるようにしましょう。

まとめ

猫への愛情の伝え方も様々です。
自分がしやすい方法で伝えてあげるのがいいですね。
ただ猫が気乗りしない時や過度なスキンシップは
逆に猫に嫌われてしまう原因になることもあるので要注意です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました